« 2014年1月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年6月の3件の記事

2014年6月19日 (木)

王子様のロマンス・レッスン

3月11日発売 二見書房ハニー文庫
「王子様のロマンス・レッスン ~契約は蜜に溺れて~」柚原テイル先生


とある理由で、社交界の花であるレイフォルド王子とその親友・ロドニー侯爵から求愛されることになった貧乏貴族のコゼット。二人はコゼットを異国のプリンセスとして社交界デビューさせるため、さっそくレッスンを始めるが…。


ハニー文庫創刊です!
ヒロイン・コゼットが控えめで真面目、がんばり屋で可愛いです!
レイフォルド王子はワガママなんですが(笑)コゼットが気になって仕方ないという気持ちを持て余し不器用に突っ走ってしまう感じが、男性なんですがこれまた可愛いというか…!


暴走気味のレイフォルドに難題をふっかけられても、一生懸命がんばって応えようとするコゼットがとっても健気なんですよね。
そして最後に出て来られる王妃様が、とっても素敵です…!


華やかな社交界と、マイフェアレディとシンデレラがいっぺんに味わえる素敵なお話ですので、ぜひ〜(*´`*)


Honeybunko


|

2014年6月18日 (水)

雑誌コバルト3月号 紅雪散らす花

続けてまいります!

2月1日発売 雑誌コバルト3月号
「紅雪散らす花」長尾彩子先生


雑誌コバルトにて掲載されている不定期短編。
長尾先生の平安超バッドエンドシリーズ?第三弾です。


身寄りのない少年・鈴鹿。
いまは貴族の邸に雇われているが、内向的な性格と特殊な力のせいで周囲になじめないでいた。ある日、陰陽師一族として名を馳せる由利氏から迎えが来る。鈴鹿の父親は昨年に亡くなった由利氏の先代当主だというのだ。一族の一員として新しい生活への期待に胸を膨らませる鈴鹿だがーー。


いやー、今回もさらなるバッドエンドがもう…!
実際の長尾先生は、本当にキュートで可愛らしくて優しい、お人形のような方なのですが、いつも雑誌コバルトの原稿を拝読させて頂く度にギャップ萌えとはこれか…これなのか!ごふぅぅと悶えてしまう程に容赦ないっす…!


来る6月25日、雑誌で掲載されたもの3編と書き下ろし短編で一冊の文庫ととしてコバルト文庫より発売されます。またこちらは新たに記事書かせていただきますね。ぜひ、宜しかったら!(ノ´∀`*)


1


|

初恋姫、蒼海を望む

沈没すること早半年sweat01
本当にすみません〜!
今年の前半は私事でちょっと忙しい日々を送っておりまして、色々といっぱいいっぱいになっていたとはいえ、ふと気付けばもう今年も6月半ば過ぎですよ…。
いやぁぁぁ怖い。
月日がすぎるのは早すぎます…。

さて、そんなことより遅すぎるお仕事紹介行きますね。


2月1日発売 集英社コバルト文庫
「初恋姫、蒼海を望む 」立夏里美先生


鴻王朝の東宮・瑛舜の妃になることが決まった綾姫_。女だけの伝説の島『女華国』育ちの綾姫には、大陸の宮廷文化は戸惑うことばかりで、後ろ盾もない。しかも夫となる瑛舜の東宮の座が揺らぐ事件が…!?


2013年8月に発売された「初恋姫、千里を翔る」の続編になります。
相変わらずおてんばで天真爛漫な綾姫と、翻弄される「ヘタレ」東宮・瑛舜のやりとりが微笑ましい続編でした。
腹に一物ありそうな(というか、ある)宰相がポイントとなって物語は展開していきます。
前回波に呑まれて消息がわからなかったあの人も元気に復活致しますし!
ヘタレ東宮もやるときはやります!
今上帝と幼妻は相変わらずらぶらぶですし…
ニューキャラ戦闘系美少女や私の大好きな馬も出演しており至福でした(*´∀`*)


というわけで、瑛舜のお母様の謎、綾姫のド根性など見所いっぱいですので、是非!!


Hatsukoihime2


|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年11月 »