« 咲姫、ゆきます!ー夢みる平安京ー | トップページ | Tiger&Bunny 公式アンソロジー#03 と 雑誌コバルト1月号付録 »

2011年11月28日 (月)

Wacom Cintiq24HD

ダブコン3のお仕事が終わったばかりの椎名です。
も〜原稿読んで萌え転がりましたゴロゴロ…!
シリーズお読み下さっているみなさま、どうぞお楽しみに〜(´Д`*)


さて、表題のCintiq24HDとはなんぞや。
Wacomから先日発売された24インチワイドな液晶タブレットなのです。
今まで原稿のペン入れはアナログ作業が多かったのですが、そろそろ私も
フルデジタルに移行したいと思い、そんならやっぱりでっかい液タブだと
いうことになりまして。
アナログだと丸ペンでペン入れをしているのですが、最近どーも筆圧が
弱すぎて、線が途切れ途切れだったり、端がきちんとくっつくまで描けて
なかったりと困っていたのです。ショボショボ。


そんなワケで、とりあえず試しに液タブ使ってみようと12インチのちっこい
のを使用してみたのですが、うーん、小さいだけにツールボックスを並べると
画面がせまい。
かといって、ツールを別モニタに置きっぱなしだと、いちいちデュアル画面の
マップ切り替えがめんどい。
やっぱり大きい方が作業効率もあがるはずと、その時点で注文可能だった
21インチサイズのCintiq21UXを早速注文したのですが、在庫が無いため
入荷待ち。
そこへタイミング良く24HD発売のニュースが。
慌てて入荷を待っていた21をキャンセルして、24を注文し直したのです。


そして9月末、公式発売日の3日前にやってきた24HD。

P107077

でかっ。そして重っ。
いや、箱もだけど液タブ本体もでかいのですよ。
横幅だけで77センチ超。そして重量30キロ。
うちの廊下の幅が80センチだから、横に持ったまま歩けない。
(歩かないけど)
私の仕事机はわりと大きめなので、置くのは余裕なのですが、でも
さすがに圧迫感は結構あります。


丁度届いた時に仕事が今年一番の山場だったので、なかなか設置
出来なかったのですが、いや、使ってこそ効率があがって修羅場を
やり過ごせるに違いない!と思い、合間を見てどうにか設置。


うむ、やっぱり大きい画面だと描きやすい。しかし大きいだけに
描いている場所とツールボックスまで距離があるので、手を動かす
距離も長くなるため…慣れるまで手がダルダルに(´∀`;)
しかしダイレクトに線が引けるのはやはり感覚的にすごくラクです。


台座がしっかりしているので、液晶面を寝かせ気味に、机からはみ出す
形で肘を置いて描けます。なので手もそれほど疲れません。
しかし、朝から晩までフル稼働でずっと同じ所に手を乗せて描いていると
手の熱が保温される感じでちょっと熱さは感じます。
ファンが内蔵されているため熱問題は改善されているそうですが、一説に
よると、寝かせて使っていると熱が篭もりやすいらしいのでそのせいかな?
なので、あったまってくるとウィンドウを移動させて冷たい場所を探したり(笑)
この秋は残暑が厳しかったのでちと辛い時もありましたが、寒くなって
くると逆に暖かくって良いですね〜。

Img_0117

液タブのうしろにあるのは、今まで使っていた21インチモニタ。
液タブ上部に貼り付いているのはMacのキーボード。
キーボードを貼り付けるのにはコクヨの「プリットひっつき虫」
という練り消しゴムみたいなくっつけ剤?を使ってますー。
取ったりはがしたりがしやすいですよ〜。
ただ、液晶周りの黒いフチ部分はわりと熱くなるので、くっつけ剤が
にょーんと溶けやすくなることも。


というワケで、使用2ヶ月弱、もう大分使うのも慣れてきましたが
最初は自分の筆圧と筆圧感知の調整をしくじっていたらしく、
描いた絵をレーザープリンタでプリントアウトしてみるとなーんか
線が野太い…「?」とは思ったものの、トナー変えたばっかりだしなぁ、
と気になりつつそのまま。。
入稿時に編集さんに「線太くないですか?」と聞いたら
「大丈夫ですよー」と言って下さったのですが、ご本が届いたら
やっぱ野太かった(TωT) わーんすみませんすみません!


個人的な難点は、机にどーんと鎮座しているため、すっかりネット
サーフィンしながらラーメン食べる、とか仕事しながら化粧する、
とかが出来なくなりました(笑)
そして、イラストのラフ画はいつもコピー用紙に0.7のシャープペンで
描いているのですが、机に描くスペースがなくなったため床に寝転んで
描くというのが定番スタイルになりつつあります(子供のお絵かきか!)
しかしこの時期、床暖房入れてるとそのままうっかり寝てしまうという罠が。


まだまだ試行錯誤の途中なのですが、やはり仕事の効率はアップしたと
思います。元々ダラダラした人間なので、どれぐらい上がったかというのは
自分でも良くわからないのですが、全部が一つの画面で済んでしまう手軽さ
というか、気安さのような感覚は確かにあります。
今は、とりあえず描いてみた出来上がりを本に印刷されたもので確かめ中、
という所なのでまた何か気付いた事などあったら記事にしたいと思います。


たいした内容でもないのに長くなってしまいました。
最後まで読んで下さった方ありがとうございます。
以上、液タブ導入報告でした〜。

ー追記ー

まとめ買いしていたペン先達がこんなに…(笑)
(しかも大箱サイズなので一箱144本入りという)

Img_0129
欲しい方、いるー?(TωT)

|

« 咲姫、ゆきます!ー夢みる平安京ー | トップページ | Tiger&Bunny 公式アンソロジー#03 と 雑誌コバルト1月号付録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事