« 地元が全国的に有名に…! | トップページ | そして花嫁は恋を知る 想いは砂色の聖地に集う »

2011年11月 1日 (火)

押しかけ絵術師と公爵家の秘密

うぉう、また遅れを取ってしまった…!

10月26日発売 小学館ルルル文庫
「押しかけ絵術師と公爵家の秘密」斉藤 百伽先生
第5回小学館ライトノベル大賞奨励賞受賞作品!


小さくてガリガリで、黄色いお下げに白エプロンの制服。主人公エステルは
絵術師協会に所属している落ちこぼれ絵術師。初めて依頼された待望の仕事先で
待ち受けていた事件とはー


パワフルでがんばりやさんのエステルだけど、いっぱいコンプレックスも
かかえてて。でもとっても可愛いんです(´Д`*)
少女向けライトノベルのヒロインといったら、殆どがお姫さまタイプだと
思うのですが、エステルはなんというか雑草のようなたくましさがあります。
でもそこが小気味良くて、すっかりお話に引き込まれてしまいました。


そしてヒーローアレク。なんというか最初は仮の姿?
まぁどっちの姿も素敵なんですが、最初のツンな態度からだんだん心を許して
くれるのがたまりません〜。
あとエステルが9歳の時に描いたという落書き鳥のガビちゃん。
ガビちゃんって名前の響きがいいですよね〜(笑)魔界の姿は美丈夫なのに
エステルが描く姿はぺらぺらの落書き鳥です。
あと、物腰柔らかな老執事、少女小説にあるまじき姿の老人なども登場します。
どの人物も元気でパワーがあって、楽しくお仕事させていただきました。
読むとなんだかパワーを分けて貰える気がします(*´∀`*)
斉藤百伽先生、受賞おめでとうございました。
というわけで、ぜひぜひ〜。

Ejutsushi

|

« 地元が全国的に有名に…! | トップページ | そして花嫁は恋を知る 想いは砂色の聖地に集う »

お仕事」カテゴリの記事