« ハッピーウェディングから恋が始まる | トップページ | 裏検非違使庁物語2 »

2011年10月23日 (日)

薔薇色ロマネスク

ふおおおおー!
前回の記事を書いた直後に怒濤のような仕事と雑事の渦に巻き込まれ
ぐるぐると押し流されておりました。
あまりにも間が空いてしまってすみませんー!!(TωT)


9月7日発売 アスキーメディアワークス B-PRINCE文庫
「薔薇色ロマネスク 〜侯爵閣下と偽りの恋人〜」秋山みち花先生

「あなたこそ、侯爵家の若様だったの」
子供の頃、火事で記憶を失った主人公朔也が亡き母から聞かされ
た衝撃の事実。しかし書生となって住み込む事になった侯爵家では
現侯爵・篤史から思わぬ誤解を受けてしまい…


朔也がいい子過ぎて切ないです!!
時代は明治、舞台は侯爵家。そしてとりかえばや物語。
朔也のかわりにお坊ちゃまとして育てられた要さんが気になります。
篤史さんもなんというかこう、少し影のあるかっこよさが素敵なの
ですよ〜。
てなわけで、ぜひぜひ(´Д`*)

Barairo

|

« ハッピーウェディングから恋が始まる | トップページ | 裏検非違使庁物語2 »

お仕事」カテゴリの記事