« 雑誌小説ショコラ9月号 | トップページ | 戦国無頼9月号とコミックコバルト »

2010年7月30日 (金)

黄金の都を興す姫

7月30日発売 集英社コバルト文庫
「そして花嫁は恋を知る 黄金の都を興す姫」小田菜摘先生


嫁恋シリーズ通算9作目です。
皇女イリアティーヌと将軍シリウスの物語。
いままでで一番古い時代のお話になります。
("紅"の時代の少し前です)
引きこもり(?)の美しい皇女と、苦しい過去を背負った若い将軍。
不器用な二人が、切ない事件に巻き込まれながら
次第に心を通わせてゆきます。


今回、小説本体がいつもよりページ数も行数も多いんですよ。
そして私の担当分も、白黒のイラストが人物紹介・本文イラスト・
おまけ漫画とあとがき1ページ含めなんと18枚入ってます。


漫画は、ぎりぎりまで本当に入れられるのか分からない状態でしたが
なんとか全部終わって良かったheart01←そんなに危ない橋だったんかい!
いつも多方面にご迷惑をお掛けしております・・・特に担当様。すんません〜。
おまけ漫画、小田先生の浴場ネタが元になっております。(テルマエ・ブラーナ??)
色々盛りだくさんな今回の嫁恋、ぜひ。


Yomekoi9


そうそう、あとですねー。
コバルト文庫2010「夏のLOVE4フェア」ということで
対象文庫を購入すると、嫁恋の書き下ろし小冊子
「ある夜のカストラバ宮廷」がもらえるそうです。
(裏面は「レンタル花嫁」の書き下ろしミニ小説です)
アンナマリアとフェランのお話ですね。


フェア対象文庫は
「そして花嫁は恋を知る 黄土の大地を潤す姫」
「そして花嫁は恋を知る 大河は愛をつなぐ」
「レンタル花嫁」
「玉の輿でいこう!」
「愛は神聖文字に導かれて」
「アヴィスの聖乙女 いけにえの姫を焦がす深紅の恋」
の6冊だそうです。
興味がおありの方は、こちらもぜひ。

Yomekoi_sasshi_2

|

« 雑誌小説ショコラ9月号 | トップページ | 戦国無頼9月号とコミックコバルト »

お仕事」カテゴリの記事