« 気付いたらすっかり春でした。 | トップページ | ご冥福をお祈りします »

2009年4月30日 (木)

緑の森を拓く姫

コバルト文庫「そして花嫁は恋を知る」シリーズ、4巻目です。
帯を見て知りましたが「嫁恋(ヨメコイ)」シリーズなんですねえ〜。
いや、良いのではないでしょうか!
4文字の略称があるとなんだか親しみを感じますよねcatface


さて、今回のお姫様、私大好きです。
(いえ、もちろん歴代ヒロインみんなすごく好きですけれど)
赤毛がコンプレックスだけどとても聡明で冷静な姫、エリスセレナ。
そして運命の相手となるのは、信心深くて誠実な聖騎士イシュトファル。
あともう一人、お気に入りのキャラがエリスセレナの侍医兼家庭教師のレイアさん。
エリスセレナとレイアさんのやりとりが、これまた最高なのですよ。


表紙のキーワードは
姫・騎士(王子も兼ねてる)・森・お城、そして馬…と言えばもちろん白馬。
まさにグリム童話の世界になってしまい、とってもメルヘンな感じsweat02
しかし、ラフの時点で白馬はタイトル文字の下敷きになることが決定していた
ので、お馬さんはちと気の毒なことにcoldsweats01許せ白馬〜!
このシリーズ、カバーイラストを描く時のワタシ的お約束が、かならず二人が
手を取り合っていることなのです。
毎回、さて今回はどんな手の取り方(?)にしようかな、と考えるのも
密かな楽しみだったりします。


作者の小田菜摘さんのあとがきに、嫁恋シリーズの歴代ヒーローの
お気に入り度について、私が気を遣って云々という記述があるのですが〜、
いや、ホントに同じですgood
イシュトファルのような正統派男子は私の好みど真ん中なのですよ。
でも男子チーム全員素敵なのでとっても甲乙付け難い…confident


なにはともあれ、今回のお話もとても素敵ですので、ぜひ〜

Yomekoi4


今回webコバルトにて、嫁恋でバナーを作ってくださったので
早速そのバナーを使ってコバルト文庫のサイト「webコバルト」を
リンクさせていただきますです〜。

Cobalt_banner_090522


|

« 気付いたらすっかり春でした。 | トップページ | ご冥福をお祈りします »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。以前こちらに書き込みをした享安山人です。新刊『緑の森を拓く姫』ですが、購入以来何度も読み返し、お話しは無論、秀麗な挿絵も読者の一人として楽しませて頂きました。ありがとうございます。「人参色の髪」に劣等感を抱くエリスセレナですが、その聡明さからくる美しさが滲み出ていますね。イシュトファルがリアヒルトを羨ましいと思ったのも無理はないと思います。レイアさんとの丁々発止の遣り取りもいいです。イシュトファルのような誠実な人と結ばれ、レイアさんのような賢い側近を持って彼女は幸せでしょう。

投稿: 享安山人 | 2009年5月18日 (月) 22時49分

享安山人さん、こんにちは。
いつもありがとうございます。
享安山人さんのブログを拝見してびっくり!
嫁恋シリーズを沢山レビューして下さって
本当にありがとうございますhappy02
小田さんにもお知らせしなくちゃ!
これからもどうぞ宜しくお願い致しますshine
ところでレイアさん、イイですよね〜(笑)

投稿: 椎名 | 2009年5月19日 (火) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気付いたらすっかり春でした。 | トップページ | ご冥福をお祈りします »